「不用品回収の業者」というワードが最近目立つが、この専門業者は一体何者なのかという疑問が生じています。

というのもこれらの業者は、何かしらの許可などが必要かといわれるとそこまで必要がないものでもある為です。

つまり、様々な規格のルールを順守していることで、廃棄物処理などの業者としての届け出をしているに過ぎず、許可を得られているようなものではないのです。

許可を得ていると言える業者は、基本的に自治体のお仕事を請け負っている企業のみとなってきます。

つまり、地域のゴミ回収を正規に請け負っているような真っ当な業者以外は、大腕を振って「許可を得ている」とは言い難いものなのです。

そもそも、自治体や行政に関わるゴミ回収に携われる企業自体も狭き門なので、ほとんどの業者は不用品回収業者と名乗っているだけの可能性があります。

さて、そうなると違法なのかといわれるとそうでもありません。誰かの代わりにお金も取って不用品処分を請け負うこと自体は普通の話です。

正し、回収したものを商品に変えて販売するような動きはできません。そこは古物商なのど許可書が必要です。なので、あくまでも不用品を回収して処分するだけという訳です。

そうなると、回収した不用品をどうやって処分しているのかという疑問が生じます。ここに関しては正直定かではありません。というのも、ゴミを集めて収集しておく必要があるわけですので広大な場所が必要です。そんな場所は都市部にあるわけがないので、なかなか実地は掴みづらいです。

それはさておき、正しく処分を代行しているのであれば何も文句はありません。迅速に即日ごみ処分を代行してくれるのであれば、願ったりかなったりです。

そうなるといくらくらいが妥当な料金なのか気になります。

まず、分かり易いところでいうと「家電リサイクル法」に関わる品目の回収費用です。

処分にかかる最低金額がありますので、そこに手間賃が掛かることになるでしょう。もちろん、基本処分費用自体に回収業者の労力費を載せなければいけませんが、そこまで高すぎない費用になりそうです。

つまり、処分費用の問題ではなく、どれだけ効率よく手間賃費用を上乗せできるかがポイントと考えられます。

回収品を載せて帰る際に、車の燃料費もかかりますし、動かす車の台数も関係していきます。しかし、ついでに回収してしまえる範囲であれば、あまり気にすることも無いだろうと思われます。

つまりは、やはり効率よくできるだけ多くの品目を回収できるかがミソなのでしょう。

そうすると、何点かの不用品を一度に処分するだろうと考えると、1点あたり平均2,000~2,500円くらいの費用感になれば、ボロ儲けといえるでしょう。

面倒さがゆえに人が処分に困るものを代わりに保管して処分代行をするだけですが、そのかゆいところに手が届くところが、単純明快にイージーに儲かってしまう理屈なのでしょう。


不用品回収業者は詐欺なんじゃない?

不用品回収で業者に思うこと

TOPに戻る